読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Reality

三階からだった 

当然です

外傷の流血からだけでなく

中で 血が 足りなくなってる

なかで 様々 切れて 出てる 蒼白い顔

…どうして… 

…どうして…

…言ってよ…

…ごめんね なにもしらなくて…

…ほんとうに ごめんね…

ぼんやりした眼を見ながら

手を握ることしかできなかった

まだ14とかで 自分にできることなど

なにひとつなかった
f:id:integralrays:20170112065450j:plain