読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ambulance 2

二度目に呼んだのは 11年ちょっと前

文化祭の打ち上げの帰り

夜中 2時過ぎくらいだったか 何かあって

どうしても 帰りたくなり 会をあとにした

当時 街灯の少ない へんぴな所に住んでいた

チャリで縁石を擦り 車道に右顔面から墜落回転

スピードが出ていたので様々な箇所流血

石や砂が皮膚にめりこむ …率直に…痛い…

この痛み… もしかしたら普通の怪我じゃないかも…

自宅の前のコンビニまで なんとか辿り着き

そこで 携帯から119 …右顔面どーなってんだろ…

衝撃で麻痺して感覚が無い ぐちゃぐちゃ…?

…ま、もともとたいした代物でもないけども

(……いや、冗談言ってる場合じゃあない!)

病院ではすぐに CT  レントゲン その他

優しい 女の先生が 傷が残らないように と

ピンセットで細かく 頬にめり込んだ砂や石を

取ってくれた  …痛さより 優しさに 泣けた

右半身打撲 捻挫 骨折は無く 右顔面外傷

見た目恐怖のお岩さん 何より色々 心が痛い

次の日は 誰にも連絡せず 自宅で横になり

ただ ぼんやり 天井を見ていた

その次の日 やっと実家に連絡し 帰省を決めた
f:id:integralrays:20170111054510j:plain
全てが真っ暗だった その頃 

あのとき 看てくれた先生

帰省後 受け止めてくれた家族

そのとき その後 心配し ずっと 支えてくれた

あの人 あの人 あの人たち     ありがとう

右目の下に残る 傷跡は 消えなくていい

本当に ありがとう