Phosphorescence

12年くらい前 作者を好きすぎて

東京 三鷹 のお墓をひとりで訪ねた程だった

そのお墓は とあるお寺にあるのだが

お墓の前にきて いざお墓を目の前にした瞬間

涙が溢れるのだ

ミーハーなファンと何が違おうか

そんなことどうでもいい

単純に 彼がとても好きなのだった

その中でも特に感銘を受けた短編だった



……私もそう思うことがある……

そう思っていた頃だった

人は変わる

今一番好きな作家かと言われれば 違うかも

当時の自分に

かなりリンクするものがあったのだと思う

それでも

彼が一番ではなくなっても

あの短編は いまだ私の中でかなりの高順位に在る
f:id:integralrays:20170103024811j:plain