Ray

僕は とても好き 言葉 旋律

ASKAさんの才能を尊敬します



Sky and Land Black and White Dream and Real

傾きあいたい Man and Woman

Right and Left Lie and Truth Night and Day

愛に近づく Man and Woman



CHAGEASKA Man and Woman
f:id:integralrays:20170414022522j:plain

Edge

深淵の縁 

そこには

総ての 危うさ 迷い 躊躇 勇気 決断 意志

が置き去りにされている

拾い集めることもできるし 通りすぎることも

ピエロのように 綱渡りして道化するだけ もできる
f:id:integralrays:20170414013157j:plain
地平線から迫り来る紅を受け入れたい

Girl

君は何も望まないから

僕の胸は 氷の様に軋んでいる 音を立てる

このまま この時間に取り残されたいね

愛ならどこにあってもいい

言葉のなかにでも 涙のなかにでも

ときに僕を疑いながら 優しく壊れるgirl



転載 aska ; girl
f:id:integralrays:20170413074110j:plain

Get over

うまくいっていない どん詰まりか

ここへきてこうなるとは

一番は モチベーションが下がってしまっていること

こころの畑に 手入れが行き届いていない

こんなの 大人とはいえないな

エンジンかけて再出発

投げ出せることじゃないのだから Responsibility



今日は出陣当日 どう乗り越えるか 向き合うか

逃げるな自分 力を余すな自分
f:id:integralrays:20170413053753j:plain
「克己 連帯 探求」

育った小学校の 学校理念を 思い出す

Divided

中学生になったころ

自分の身体が どんどん変わっていくのが嫌だった

精神だけは 何とか抗っていた

どちらかに振り分けられて 道が決まっていくのに

窮屈さを感じていた


成長期が遅かったのも その精神のせいだったかも

同性の子たちが 身長の伸びが止まった頃に

自分は突然伸びだして

真ん中より少し後ろだった背の順が

中学終わりには後ろから2番目になっていた

つまり

全校朝会に遅刻しても余り目立たない これ重要。

結局20歳頃まで伸びていた



いまジャージを着て外を歩いていると

友人は「遠目には性別も年齢も分からない」らしい

いや そこまでではないだろ と思うが

何か ぼんやりしている存在がいい
f:id:integralrays:20170413050130j:plain

Hand

最近になってです

ぼくは自分の手が好きになりました

今まで無下に扱ってきてごめんなさい

右手の指には 無下に扱った擦り傷が残っています

左手の中指は 小学2年の時の突き指で

第一関節から曲がっています  ………指に歴史あり

折角もらった からだ 体

大切にしよう
f:id:integralrays:20170412120539j:plain
お母さん ありがとう。

Rely on

「頼ってくれないから あなたには
 優しくできない。」

あれは どういう意味だったのだろう

何年も前に聞いた言葉が私を悩ませることがある

その方は わたしを好きだったのだろうか

いや うわべはそうでも本質的には違うだろうな

その方は 誰かに頼られて それに応えることを

生き甲斐として生きていたんだろうか

その形が満たされないから

私に不満を抱いたのだろうか

……悶々……

今更 考えても仕方ないことなのに。

…鬱。。
f:id:integralrays:20170412100630j:plain
風が強い

Can not

察知できなくて 助けになれない

感知できない自分に 無力感

何でこうまで私は 人のことが分からないのだろう

ダメです

助けてもらうばかりで 助けになれない未熟

方向性を間違えないよう 精進します
f:id:integralrays:20170412023858j:plain
意志を握る手

Moment

そう 僕が求めるのは 今 だけなのです

逆に その 当に その瞬間に ないなら

以後 あっても なくても どうでもよいし

必要性も感じない 不満も満足もない


ぼくは

そのくらい適当で 漠然とした人間なのです

その程度が 確かに認識されない位が 楽なのです

根っこがない わがまま
f:id:integralrays:20170411101732j:plain
また 雨

Aqua

水色の世界

Aqua。  H2Oですよ

振動が響いて伝わるのです

極性があるのに優しい存在なのです

aqua
f:id:integralrays:20170411042518j:plain

Humble

事態の悪化が 明るみに出てから

理解する始末

ほんとうは もっと前に気付けたはずだ

自分の力量の無さを 実感する

目指す到達点だけ見て 足元を見ていなかった

何度も 何度も 何度も起こる この事態

その度 注意を払うようにはするのだが

なかなか改善されない 謙虚さが足りないんだろう



へこたれない

感謝と誠意を持って
f:id:integralrays:20170410230029j:plain

Nutrition

成人して暫くした頃からだったと思う

食べるのが面倒で食べなくなった

しかし不都合は起こらない…ように見えてるだけで

栄養素足りてないかもと思っていた

僕は

びっくりするくらい体内にものを取り入れない

ここ数年 一日最低 味噌汁一杯で足りるのです

エンゲル係数は逆にとんでもない

しかし 先日病院で血液検査や他の検査をして

問題はないらしいのです

と、いうか、同じ年齢のなかでは比較的きれいで

若い体質であると。 相当 謎。

逆にみなは どう生きてどうしているのか?

 ……なぜ??    ほんとうに  なぜ?



わたしは光合成でもしてるんでしょうか。
f:id:integralrays:20170410162335j:plain
感謝して 大切にしよう そして

既存の慣習や思想は この先対応できないのでは?

Fluid mechanics

世界線を共有できること 絆 核心

知っていてはぐらかすこと 真実からの逃避

空が青いこと 朝の空気が澄んでいること

右手や左手に繋げていきたいこと

夜の空は紅い それを受け入れること

目にするもの 何でも大事 そこに在るのだから

流体に近いほうがすき

固定というのはにがて
f:id:integralrays:20170410001940j:plain
蒼は白に見える

Help from red

ぷつんと糸が切れたように何もできなくなる時がある

予兆もない

一切 何もできなくなる

誰かのため とか 自分の生活のため とか

どちらでも 何も大切に思えなくなり

空気のなかに この身を 浮かせていたくなる

昨日がそうだった

あの日はやばい 生活できなくなってしまう
f:id:integralrays:20170409071055j:plain
好きなジャケットと いやな気持ちは 同じ色