Always said

「それを言ったら 身も蓋もないじゃん」


…「身も蓋もないこと」は何で言ったらダメなの?


この世界では 暗黙の了解ですか?


何かを定常状態に保つために?
f:id:integralrays:20170920124444j:plain
それは…      

そこまでして保つ価値があるものなのか

Murder

言葉だけのひとは苦手だ

行動も結局は自分の利益に帰着するようになってる



一番厄介なのが 自分がそれに気付いてないひと

確信犯の方が話が通じるという不可思議な事実



善人ほどの悪人はいない
f:id:integralrays:20170920034858j:plain

Runner

いつのまに こんなところまで来たんだろう


あれ?


そういえば あれはどこにいったんだろう

大事にしていたあのハサミは

どこにいったんだろう

大切にしまっていたあの宝石は

どこにいったんだろう

あの鏡は あの傘は

どこにいったんだろう

あのスニーカーは あの指輪は あの人は

どこにいったんだろう



どこに置いてきたんだろう



そうだ

軽くなるために 自分で捨ててきたんだった
f:id:integralrays:20170919030203j:plain
未来の自分へ

18go

台風が

もう少し足踏みしてくれたら休みになったのになぁ

惜しい!! あと数時間ズレてれば!! 

f:id:integralrays:20170918231043j:plain
台風一過の夕暮れ        とぼとぼ。

Night with impressive colors

ぽつねんと輝く街灯を 自分と重ねてしまう夜へ

死にたいと強く願ったんだ 君の感性は嘘をついた

この街もいつか変わっていく

自分と重ねてしまう夜へ

二度とない過去を振り返って

中指を立てて前を向いた



           極彩色の夜へ / climbgrow
f:id:integralrays:20170917100155j:plain

Sand

ここに残る粉々に砕けた蒼い碑石 還りたい記憶

握りしめて明日を探すよ

これしか もう あの時のものはないから

たくさんの 雨 と 風 を受けて

学んだことは 僕のベクトルに生かす

死んだ砂になりたくはないから
f:id:integralrays:20170917064942j:plain

Southern cross

ジョバンニ
「僕たち二人きりになったね。

 …ねえ このままどこまでも一緒にいこう?

 そうだよ ぼくはどこまでも君と一緒だ!」

カムパネルラ
「…うん。僕だってそうだ…。」

ジョバンニ
「けれども 僕ら どこへいくんだろう??」

カムパネルラ
「僕 わからない。」

ジョバンニ
「ぼくたち、一緒だね!」

カムパネルラ 黙ってうつむき 涙を流す



          銀河鉄道の夜2D / 宮沢 賢治
f:id:integralrays:20170916090422j:plain

Niwaka

どこを基準に正しさを信じればいいのか

わたしは 激情が押し寄せても

ひとを殺したこと、殺傷したことはない

それだけで 十分なんじゃなかろうか

わたしは 自分以外の人の感じる痛みは分からない

他人の いたみ が分からなくても

自分がされていやなことを しないようにするだけ
f:id:integralrays:20170915114955j:plain
心は 動く

Toy

合わせなくてよかったと思った

合わせていたら自分を見失っていたと思う

でも流れは その共通理解が

さも当たり前かのように作られていた

僕は 僕を失わないために 歩く
f:id:integralrays:20170915011811j:plain

Radical

The thought, what is called " commom sence"

usually prevents me from "being free"

Family people and closer friends say about

"ordinary behavior "

I don't think they are ordinary or gentle.

They have been deprived of many Diamonds

while they spend their lifetime.
f:id:integralrays:20170914102525j:plain

Crying sky

生きていたいと思わせて なんでもいいから

灰色の空の下 突然の雨に打たれてる


存在価値のない僕らを 雨が差してる

汚れた心が痛いのは

あなたが生きている証だろう



          song 雨 / by カフカ より
f:id:integralrays:20170914042726j:plain

Beyond the times

エトセトラ 「例外は」

「まぁ~、基本はそうなんですが、そうならない時

 もありますね。」
f:id:integralrays:20170913111825j:plain

「そんな中途半端なものなら 外に発信するなよ」

未熟な部分を受け入れてくれる人達に甘えている

Sheep

f:id:integralrays:20170913091921j:plain
「あ、どうも、ひつじ雲です✋」

と 声が聞こえそうな 空

資料集に載ってそうな "いわゆる" ひつじ雲

初めて肉眼で見た気がする けど

でも もしかしたら 子供の頃学校帰りや校庭で

何度も見たことがあったのに

忘れてしまったのかもしれない

Kawaita hana

夜の路地 曲がりざわめく街

君に借りた うたを 聴きながら歩く

何度でも電話して 声だけで元気になるんだ



「星にひとつだけ 願いをこめて君に送るよ」



そっと夏の匂い 明日に逃げてゆく

手を伸ばせば いつだって君がいて

風が騒ぎ ぼくは愛を口ずさむ

夢を抱え込んだ 乾いた花は 月の色

              micc / 乾いた花
f:id:integralrays:20170912124357j:plain
こないだ占われた手の 裏側。

Circulation

なんだか不安定 …そわそわ…

太陽フレアのせいかな

けっこう

天候や気圧によって

身体と精神の状態が敏感に変わる

……ということに 最近やっと気付いた
f:id:integralrays:20170911230035j:plain
地球も 身体も 隣の人も 総て含めた循環