Past

蒼く感情の消えた街に毎日生きて

どこまでも細かい粒子になって心を忘れる

繋がっていたときの記憶が郷愁であり障壁である

進むことを決めたら全ての過去は 過去でしかない

大切だったもの 大事だったひと

もの こと ひと すべて いまは過ぎ去った
f:id:integralrays:20170819032303j:plain
進むときに もう囚われはない

I love you, but you don't …

何も出来なくて 何の突出した能力がなくても

存在してるだけで大事にされる人がいる反面で

殆んどのことができても

親にも相手にされない人が居る現状はなんだろう

嘘だ 何か理由があるに違いない
f:id:integralrays:20170818085847j:plain

Sharp

ガラスのように

透明な世界に

行けるとおもっていた

傷つけることや 傷をつけることが ない世界で

逆に傷つける世界があることを知って

大人になったような 汚れたような

気分になって勝手に困って



そんなの持ち出さなくてもいいじゃないか




PURE
f:id:integralrays:20170818082713j:plain

Reflection

自分が書くとどうしても暗い色になってしまう形を

ポジティブにキレイに水面に反射する朝陽みたいに

伝えるって すごい

伝えたい根底や概念は同じようなものでも

そのひとの人間力で 織り成す世界が変わる
f:id:integralrays:20170818054352j:plain
心が美しい

Last

別れ際の最後の言葉 虚しいほどあっけなくて

「頑張ってね」って もう 他人みたいにさ

置いてかないで 抱きしめさせて

「ありがとう」じゃ終われないよ

さよならさえ 言えなかった


By ; Honey L Days
Song ; 思い出にできないって思い知らされてんだ
f:id:integralrays:20170817102434j:plain
銀色スカイ。

God

ジャスティス ちゃんと出来ることじゃないね

ライフ 折り合いつけてやってくのが定説

ビリーブ どうでしょうか この単語には勝てない

ブリーフ 下着じゃない 自分にはあるもの

てすてぃもにぃ 信じます

フォキャスト 勝手に決められるのはあんま好きじゃない



ゴッド 内にあり
f:id:integralrays:20170815105706j:plain
私に色は 世界だから

Rhythm

週6の仕事1ヶ月につき

4日程の連休でやっと 身体疲れがとれ思考も戻る

初めの2日はコンセントに刺さった充電器みたいに

殆んど動かず 泥のように眠るだけ

3日目の昼くらいからようやく身体が軽くなり

4日目にようやく仕事の期間出来なかった家の雑務

何となく出掛けてみるなど 自分の時間となる

休みだからといって

誰かに会ったり 会合に出たりするより

まず休みたいという何とも虚しい現状



ま 4日の連休なんて

年に1、2回とれるかとれないかなんだけど

身体を自分のペースに合わせてあげたいなぁ

生活のために酷使するなんて本末転倒だし

本当 周りのみんなよく頑張ってる
f:id:integralrays:20170814210555j:plain

Lie

私は自分を守る為に毎日たくさんの嘘をつきます。

それは確かな事実で、毎日、沢山の嘘をついて

嘘でないかのように 真しやかに装って

生きています
f:id:integralrays:20170813041204j:plain

Whisper

欠陥人間の自分が 誰かに何か

与えられるわけがないんだ

自分みたいな欠陥人間が人に何かをしてあげるなんて

傲慢で 僭越であり ネジが外れた発想なのだと思っていた

いや 今も

それを決定付ける為の人は

毎日 毎瞬 周りに浮遊している

お化けみたいに 脳髄に染み込む囁き

f:id:integralrays:20170812083003j:plain


間違って触ると「更新」になるので

書いてる途中によくアップされてしまう

もっと離れた位置に更新ボタン

置くことできたらお願い、はてなさん😰