Ozone

流れるように生きれたらと。

そのなめらかさは難しい

花や木や空や空気はいつも淑やかになめらかで

ずっと そこに佇む
f:id:integralrays:20171214201456j:plain
Venus
f:id:integralrays:20171214201528j:plain
Oxygen
f:id:integralrays:20171214201555j:plain

Lastspurt

アトスコシ。

僕は最後に自分を誉めたりできるだろうか

僕だから できないだろうな

でも駆け抜け切る

ゴールテープは無いけど

始まりも終わりも ちゃんと自分で決めたんだ
f:id:integralrays:20171213000643j:plain
冬至に近付いていくこの季節のイロが好き

Name

僕には名前が無いと思っている

僕は僕で 定義付けられない

付けて貰えれば安心なのだがそこまで構ってくれるひともいない

メルヘンだ いやメルヘンにもならない

そういえば岩手県はイーハトーウ"だったんだっけ。

やまなし
f:id:integralrays:20171212160735j:plain

Reminder

自分だけ乗っている車が勝手に前進し出す

後ろには母、姉、祖父が居る

といった夢だった 

2歳~4歳頃まで何十回と見たものだった

 

不安だった自分を大切にしてあげたい

いまの私は

泣いて助けを求めるしかできない赤子ではなく

自分で判断し選択し生きてゆける人間なのだから
f:id:integralrays:20171212064814j:plain
淋しさや悲しさを 解消 昇華 転生

そこには 光 がある

Overheart

f:id:integralrays:20171212075302j:plain
この光のために総てを投げ出すんだ望んで

ここまできたんだから

Cell

ある特定の人工甘味料を体に取り入れると

むくみ 頭痛 気持ち悪さ 悪寒

など

仕事に行けない生活できない程 ではない症状

が現れることが分かった

正確に言えば 今までは症状があっても

原因がそこだとは行き着かなかった

思えば症状は十年以上前からである


調べてみるとその人工甘味料


一日の摂取量を制限されているものであった

昔から色んなものにかなり敏感な自分のカラダは

ご多分に漏れずそれらに反応していたようである


消化されないのに体内を巡る分子

細胞間の情報伝達を阻害するばかりか

特定の消化器官に負担をかける


成分表示に注意するようになったが

様々なものに入っており 完全に避ける方が難しい

人工甘味料のイメージ」
f:id:integralrays:20171211201919j:plain

必要なのは キレイな水と塩   ……と心

Road

苦しい 痛い 投げ出したい

甘えたくない 頑張りたい 乗り越えたい

甘える自分を越えたい       是正。
f:id:integralrays:20171210022504j:plain
素敵な木目に 愛を貰える

Questions

いま 電車で 隣のひとが

おもむろに スゴい勢いで カップラーメンを食べ出したんだが

想定外の事態に大変びっくりしている



そもそも

どこでお湯入れてきたの?

100歩譲って改札外のNEW DAYSだとしても

そのまま手に持って改札通ってきたの?

駅降りる数分も我慢できないくらいお腹空いてた?

その他にもこの事態には突っ込みどころが満載で

次から次へと涌いてくる疑問に思考が支配され

化学調味料の臭いに頭がぼーっとしてきた



何か一気に疲れたなぁ
f:id:integralrays:20171209193649j:plain

Deep river

f:id:integralrays:20171209003435j:plain
この瓶好きだ 色 質感 滑らかに曲がる輪郭

なかに何かいれて たいむかぷせるにでもしたい

何かを表す深い緑色

Straight rain

自分のなかに在る疑いは 他人に疑いをかける

自分自身が粗末に感じて仕方なくなる
f:id:integralrays:20171208223217j:plain
みすぼらしい自分を 刺すように貫く冬の雨

Festival

嘘つきばかりのこの世界で曇る瞳が悲しいとしたら

じゃあ自分は嘆くだけでやめるのか

違う性質のものを祭り上げ指して安堵するのか



曇る瞳が悲しいとしたら   悲しいとしたなら
f:id:integralrays:20171206233714j:plain
手を。 手を 大切にしています。

December real

f:id:integralrays:20171206123322j:plain
星のいろが

ひときわ輝き 特殊な様相を見せるこの季節

ひとつの生命体のように見える

Body image

体重は毎日何となくお風呂上がりに量るのが常になっている

定常状態を保つのはとても重要なことだと意識している

特に増えるのも 特に減るのも 好ましくないと感じる

先日 突然十日くらいの間に2キログラム増えてびっくりした

原因を考えようにも 特に暴飲暴食をしたわけでもないし

何より2キロも増えたのに体感として体周りが鈍くなった気がしない



部活漬けだった頃 普通余分なものが体に付き始めると

体感が変わり動きも変わることを学んだものだったから

今回は体感の変化が無いまま増えた目盛りを見て

違和感を感じたのだった



結論としては「体水分量の変化」だったようである

思えばこのところ

寝る前に足先が妙な感覚だったり

靴下の跡が異様に付いていたり

いわゆる「むくみ」の症状が出ていたようである

いままで「むくみ」をしっかり体験したことがなかったから分からなかったが



更に三日後くらいには突然2キロ減り 頭痛やその他の不調も改善された

年を経ると 新しい吉にも凶にも出会う
f:id:integralrays:20171205090758j:plain
カラダからも ココロからも

むくみを取ってくれるような 鮮やかな彼女たち

Divergence

そこに行く
f:id:integralrays:20171204195927j:plain
そこに在ったから在る移り香

越えられない芸術がいつもそこに在る